« KARAのドラマ | トップページ | 枝野氏が官房長官 »

中国のステルス機

新華社電によると、中国国防省の
関友飛外事弁公室副主任は11日、中国軍の
次世代ステルス戦闘機「殲20」に関連し、
「いかなる国や特定の目標に向けたものではない」と述べ、
試験飛行を事実上認めたそうです。

アメリカのゲーツ米国防長官の訪中に合わせています。

でも、わざと、していると思いますよ。

何故、この時期なのか。
日本のマスコミにも連絡しています。

他の国では、中国にステルス機は、偽者だと
言っている国が多いですね。

そうだと思います。
先日、中国では、現在の戦闘機を軍に納入するので
さえ、変な音がするということで、問題に
なっていました。

そんな国が、今の時期にステルスなんか
開発できるわけがないと思います。
結局、先日の試験飛行もやらなかったと
いうニュースがでていました。

飛行したらすぐわかりますからね。
中国は、見栄と体裁の国ですからね。

|

« KARAのドラマ | トップページ | 枝野氏が官房長官 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事