« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

竹島はどこの国のものか

参院内閣委員会で質問に立った西田昌司議員(自民)は、
14日の参院予算委員会での質問に引き続き岡崎トミ子

国家公安委員長の「反日デモ」参加問題を取り上げて
厳しく追及しました。

反日デモに参加した目的等を質問しました。
金銭的な補償を要求することではなかったのかと
詰め寄り、ようやく岡崎大臣は それを認めたようです。

岡崎公安委員長に
「あなたは竹島はどの国のものだと思ってるんですか?」

と聞いたようです。

岡崎大臣は:(消え入るような声で)日本国だと思いますと

答えたようです。

民主党もどんどん責められています。

少しは、与党の自覚が出てくるでしょう。

民主党政権になって、全然景気もよくなりません。
株価も上がりません。
雇用も最悪です。

これから非常に心配です。

|

自動車大手の想定レート

自動車大手の2010年9月中間連結決算発表が
おこなわれています。

急速な円高を受けて想定為替レートを変更する
動きが相次いでいるようです。

1ドル90円から85円や80円に想定レートを
変更するようです。

結局、日銀や政府が何もしないので、このまま
円高が続くとみているのですね。

せめて、90円まで戻してくれればよいですが。

でも、部品などを海外で作って日本に
持ってきて製造するしかないですね。

本当に民主党はダメな政権です。

|

レアアースを使わないモーター

日本電産の永守重信社長は
レアアース(希土類)を全く使わないで済む
次世代モーター「SRモーター」の供給を
始めるそうです。

27日に東京で開いた2010年9月中間期の
決算説明会で、ことを明らかにしました。

2012年に重機向け、2013年にはトラクター向けで
量産に入るそうです。

産業用車両が中心だが、機能を改善して電気自動車用の
開発もめざすそうです。

レアアースなしの機械がどんどん出来てきます。
日本の技術はすごいですね。

レアアースが高騰しています。
来年には不足すると言われています。

世界中で動いていますから早くいろいろな対策が
行われるといいですね。

|

ドルで外国資産を買う

東京証券取引所の斉藤惇(あつし)社長は
26日の定例記者会見で、歴史的な円高ドル安に
「歯がゆい」対応を続ける政府に業を煮やして
いるようです。

ドルで外国資産をどんどん買った方がよいと
言っています。

円高対策の切り札は「(日本の個人や法人が)
米国の工場とか豪州の(鉱)山とか、ありとあらゆるモノを
ドル決済で買えばいい。
政府は購入者に税優遇のインセンティブを
与えればいい」と言っています。

いいですね。

そうですよ。
どんどん円でドルの資産やエネルギーを購入
したらいいんですよ。

この円高を利用すればよいと思います。

民主党政権は、本当にダメな政権です。

|

中国で排気量で増税

中国で、ガソリンの消費がどんどん
大きくなっています。

自動車や船舶の所有者が毎年支払う「車船税」法を
改正し、自動車の場合は排気量が大きければ
税率を高くする方向のようです。

排気量1600ccを超えると増税となり、
2500cc以上は増税幅を大きくするということです。

ガソリンの消費を抑制するようです。

環境問題、資源の問題、格差の問題、
バブルの問題、いろいろありますね。

日本もいろいろありますが、悪ければ
政権が変わります。

中国は、そのままだから国民の不平、不満が
どんどん溜まってきます。

いつ爆発するのでしょうかね。

|

トヨタが80円を想定

今でも、ぎりぎりで製造しているに、
もっと下げる必要があります。

いくら海外で売って利益がでても円だと少なくなります。

ドルでもっておくしかないですね。

日本では売れませんからね。
これは、困ります。

他の日本メーカーも同じです。
本当に厳しいですね。

円を投機で購入するのを制限すべきですね。
民主党は何もしないから本当に困ります。

|

中国政府の省エネ対策

中国で停電が続出しているそうです。

年末に期限がくる国の省エネ目標を達成しようと、
地方政府が電力の供給を制限しているようです。

突然の停電で人々の生活や日系企業の工場にも
影響が出ているようです。

まあ、極端な国ですね。
あきれてしまいます。

国民の生活よりも結局、自分の地位の保証
なのですね。

中国共産党・政府は人事評価に近年、省エネ・環境への
対応を加えており、温家宝首相は「(割り当てた)目標を
達成できなければ責任を追及する」と明言しているようです。

地方政府の幹部はしゃにむに動いているそうです。

中国は過去、設備の老朽化や消費の伸びに発電が
追いつかずに停電を迫られたことはあったが、意図的な
停電は初めてだそうです。

まあ、いろいろある国です。

|

シャープがパソコンから撤退

シャープがパソコンの生産を昨年に
撤退していたそうです。
今後は、電子書籍などの閲覧が
可能なタブレット型端末「ガラパゴス」の販売と
コンテンツ配信に注力していくそうです。
 
シャープのパソコンは、もうないのですか。
 
寂しいですね。
 
シャープは、いろいろなパソコンを作っていました。
使いやすいものもありました。
 
もうこれからないのですね。
 
時代の流れでしょうか。
エンジニアの人は寂しいと思いますね。
 
円高でなかったらもっと日本も作れたと
思います。

|

マツダが新興国に新工場

マツダが新興国に新工場を建設するようです。

マツダは、新車の販売が伸びる新興国に
年産30万台規模の新工場を設ける方針を
明らかにしました。

円高対策です。

これだけ円高になると、輸出は難しいですね。

政府や日銀は何もしないから、どんどん
円高になります。

自民党では、ここまでひどくなりませんでした。

経済がわかっていない人ばっかりだから
全然対策を打ちませんね。

マツダも工場が国内に残れれば、雇用も
生まれます。
数千人規模になるのにね。

もう、民主党はダメだと思いますよ。

|

グーグルとヤフーの提携

ネット検索世界最大手の米グーグルが、
日本のヤフーに検索技術などを提供します。
提携しました。

ネット商店街最大手の楽天が「実現すれば、
グーグルの支配力が強まり、独占禁止法に違反する」として、
同法に基づき、公正取引委員会に調査を求める
手続きをとったそうです。

楽天も必死ですね。

でも、ヤフーとグーグルが仲良くなると新しい
ビジネスが出来るかもしれません。

ヤフーもショッピングを持っています。

今でも、楽天のお客はヤフーに行っていると
思います。
ヤフーの方が安いですから。

前回は、公正取引委員会は、ヤフーとグーグルの
提携は問題ないと言っていました。

今回はどうでしょうか。


|

楽天が中国に進出

楽天は19日、中国で電子商店街「楽酷天」を開業します。

中国のインターネット検索最大手「百度(バイドゥ)」との
合弁事業で、日中の通販業者約2千店が出店します。

中国のネット通販最大手「淘宝(タオバオ)」と提携して、
6月に同様の事業を始めたライバルのヤフーを
追撃するようです。

これから、日本のスーパー大手が、ネットに進出して
きます。
イオン、セブンイレブンなどです。
楽天も、うかうかしておられません。

海外に活路を見出すのですね。

楽天が日本で勝てたのは、最初にやったからです。
中国で勝てるでしょうか。

お手並み拝見です。

|

サムスンのスマートフォン

サムスンが日本市場に出てくるようです。

今月下旬にNTTドコモから発売するスマートフォン
(高機能携帯電話)「GALAXY(ギャラクシー)S」です。

米アップルの「iPhone(アイフォーン)」が独走する
日本市場を切り崩し、“ブランド信仰”の壁にはね返されて
撤退した家電に対抗するようです。

iPadに対抗するようです。

韓国やアメリカでは、売れているようです。

日本でも売れるでしょうか。

サムスンは、日本の市場には入っていません。
自動車も韓国製は売れていません。

日本は、韓国製を信用していません。
今回の製品で、日本の市場とれるでしょうか。

サムソンが、世界にないまったく新しい製品を
開発すれば売れると思いますが、いつも他の会社が
作ったものをまねした製品です。

それでは、今の日本の市場は取れないと
思います。

iPhoneやiPadってアップルが作り出した製品です。
だから売れているのです。

サムスンの今後をみたいですね。

|

内閣支持率

内閣支持率がまた落ちました。

時事通信社が世論調査をおこないました。

菅内閣の支持率は民主党代表選で
菅直人首相が再選される直前の9月調査と比べ、
6.4ポイント減の39.2%で3カ月ぶりに低下しました。

不支持率は同6.5 ポイント増の39.2%となり、
支持と並びました。

沖縄県・尖閣諸島沖での海上保安庁巡視船と
中国漁船の衝突事件への政府の対応や、
検察審査会の議決で小沢一郎民主党元代表の
強制起訴が決まったことなどが影響しているようです。

尖閣問題では、結局、中国に気を使いすぎです。

誰のために政治をおこなっているのでしょうかね。
誰から選ばれているのでしょうかね。

そして結局、国民の支持をなくしました。

中国から嫌われていても国民から支持されて
いればいいのです。

小泉さんのときがまさにそうでした。
それでいいんです。

支持率は正しいですね。
民主党には、国民は、がっかりしています。

結局、鳩山政権も何もできませんでした。
菅政権もだめですね。

自民党の方がまだましだと思っています。

|

中国のノーベル賞

ノーベル平和賞が中国の人権活動家、
劉暁波(リウ・シアオポー)氏に決まったことをめぐり、
中国側がノルウェー政府に「制裁」措置をとっている
そうです。

中国外務省の馬朝旭報道局長は14日の会見で
「ノーベル賞委員会の誤った決定を支持したからだ」と
述べたそうです。

中国も体制維持で大変なのですね。

中国に対して世界中から批判されても
態度を変えません。

中国政府がノルウェー閣僚との会談を
取りやめたり、北京で来月催される
ノルウェー人歌手のミュージカルを
中止にしたりしています。

日本に対してと同じです。

どんどん孤立していきますね。
どうなるのでしょうかね。

|

スカイマークの長崎羽田線

スカイマークの長崎ー羽田線が神戸経由で
11800円でいけるようです。

所要時間は2時間半以上と他社の直行便より
1時間ほど長いそうです。

就航当初の大人普通運賃は1万1800円(月~木曜)です。

現時点の正規運賃で3万9千円の全日空や
日本航空の3分の1以下になります。

安いですね。
お客も増えると思いますよ。
他の空港も増やして欲しいですね。

飛行機の運賃は高いですね。
もっと安く東京に行く方法はないのでしょうかね。

新幹線もかなり高いです。

|

中国の新車販売

中国自動車工業協会が今年1~9月の
新車販売台数を発表しました。

前年同期比36.0%増の1313万台だったそうです。

同じ時期の日本の販売台数の3倍、米国にも400万台余の
差をつけ、世界一の規模を維持したようです。

伸び率は上半期から鈍ってはいるものの
購入意欲は底堅く、業界は年間の販売台数を
約1700万台と予想しているようです。

中国の景気がよくなっているのでしょうかね。

それともバブルでしょうか。

はらはらです。
何時バブルが弾けてもおかしくないですが。

いつまで続くのでしょうかね。

|

中国人のノーベル賞

服役中の人権活動家、劉暁波氏(54)が
ノーベル平和賞受賞しました。

中国当局は、民主化や人権尊重を求める
内外の動きを封じ込める姿勢を強めています。

受賞決定は10日になっても国内では
「封印」されたままです。

急発展した経済力を背景に、対外的にも対中批判を
突っぱねる動きを鮮明にするとみられます。

ネットでは広がっていると思いますよ。
でも、広がるのは難しいでしょうね。

本当に鎖国です。
これだけ、インターネットなどが普及しても
国民は立ち上がれないのは、やっぱり国民の
レベルが低いからでしょうね。

日本の明治維新は起こらないでしょうね。
中国の歴史を見ればわかります。

|

インドとEPA

日本とインドが、日印間の貿易やサービスなどの
自由化を進める経済連携協定(EPA)を結ぶことを
正式に決めるそうです。

交渉中の日印原子力協定についても
意見交換するようです。

でも、その内容はわかっていません。

あんまり、日本にとってメリットが
無いような、記事もあります。

でも、やらないよりはいいですね。

少しでも、前に進まないと競争に
遅れます。
日本の技術を海外に売り込むチャンスです。

|

キリンカップサッカーでアルゼンチンに勝つ

キリンカップサッカーで日本が始めて
アルゼンチンに1-0で勝ちました。

初めてです。

日本代表の監督初戦で強豪を降した
ザッケローニ監督は「結果に満足している。
それ以上に内容も見られて良かった」と、
落ち着いた口調で話しました。

確かに、アルゼンチンに負けていましせんでした。
勝つ気がしましたね。

ワールドカップからの流れが変わりました。

監督というよりも、日本が変わった気がします。

メッシにも複数でマークしていました。

守備もよかったです。

あと2点くらい取れたかもしれません。
このまま続いて欲しいですね。

|

上海ディズニーの延期

中国の上海ディズニーが延期されるようです。

不動産バブルが加熱しているようです。
不動産バブルの過熱を恐れる中国政府が
急ブレーキを踏んだようです。

しかし、引き締めが過ぎれば、中国の経済成長、
ひいては世界経済を冷やしかねないといわれて
います。

でも、不動産が異常になっているようです。
だから日本の不動産も買っているのですね。

昔の日本がアメリカを買っていたことと
同じです。

同じことが中国で起こっています。

バブルって絶対に弾けますからね。
気をつける必要があります。

|

5兆円規模の経済対策

民主党は6日、臨時国会に提出する
2010年度補正予算案を柱とした
経済対策をまとめま、政府に
提言しました。

5兆円規模の対策で、税収増や
前年度の剰余金でまかない、新規国債を
追加発行しないそうです。

参院で野党が過半数を占める「ねじれ国会」をにらみ、
自民党や公明党などの要望内容を事前に
取り込んだ内容です。

急激な円高にまた戻っています。

何でもいいから早急におこなうべきです。

失速しますね。

それと法人税を早急に下げて国内に投資を
させるべきです。
企業はお金を持っていますが、投資できません。

早くやるのが先決です。

|

9月の景況感

経済産業省が9月の地域経済産業調査を
発表しました。

全体の景況判断は前回の「一部に厳しさが
残るものの着実に持ち直している」から、
「これまで一部持ち直しの動きがあったが、
依然厳しい。今後の悪化に対する懸念が高まっている」と、
6四半期ぶりに下方修正しました。

落ち始めているようですね。

麻生政権の対策が利いていましたからね。

鳩山政権は、何もしなかったから
景気を支えきれなくなっています。

民主党の、馬鹿な大臣達の発言で、
83円まで円高になってしまいました。

民主党の責任です。

今も、何も対策すらありません。

日銀もやっと対策を出しましたが、
それでもアメリカでは円高になっています。

どんどん大変な状況になっています。
早く総選挙をして自民党とみんなの党に
変えないとだめかもしれませんよ。

公明党ももう必要ありません。

|

内閣支持率が急落

あっというまに、内閣の支持率が
落ちています。

読売新聞では66%近くあったものが、
53%になったようです。

他の新聞も殆ど同じですね。

尖閣問題の対応を見誤ったようです。
本当に、官房長官は、ダメですね。

辞めさせた方がよいと思います。

小沢氏も起訴されました。

さらにねじれ国会です。

民主党は逆風ですね。
もう、法案は通りませんね。

これで、民主党が実績を残せれば
歴史に残りますが。
鳩山政権は、ルーピーで歴史に
残りました。

|

朝青龍が断髪式

今年1月の初場所限りで引退した
大相撲の元横綱朝青龍関(30)の
引退断髪式が3日、東京・国技館で
ありました。

モンゴルのバトボルド首相や森喜朗元首相ら、
国内外の政財界、スポーツ、芸能関係者ら
約380人がはさみを入れました。

残念ですが、仕方ないですね。

本来は、もっと活躍できたでしょうが。

やっぱり、横綱ですからね。
品格が欲しかったですね。

やっぱり外国人で終わりました。

相撲はとったのかはわかりませんが、
日本の国技ではなかったですね。

やっぱり、相撲には外国人をいれるのを
考える時期だと思います。

国技であり神事ですから。

|

イトーヨーカ堂小売店を100店

大手スーパーのイトーヨーカ堂は1日、
売り場の広さが従来の10分の1以下の
小型店を都心部に出していくと発表しました。

衣料品や家具は置かず、食品中心の
品ぞろえにするようです。

ねらうのは「都心回帰」したお年寄りや
共働き世帯です。

1年以内に東京23区内で約10店を構え、
数年後には全国の大都市を中心に100店を
展開する計画です。

確かに、小さくても、食料品は必要です。
安くて新鮮なお店は、近くに欲しいですね。

遠くのスーパーまでは毎日いけませんからね。

これは、新しい取り組みで面白いと思います。

|

8月の自動車生産

日本自動車工業会が8月の国内自動車生産を
発表しました。

前年同月に比べて20.8%多い69万689台
でした。

前年同月を上回ったのは、2009年11月から
10カ月連続です。

エコカー購入補助の終了前の駆け込み需要です。

乗用車は59万4564台と、前年同月を20.4%
上回ったようです。

9月にはなくなりましたからね。

9、10月の販売が見たいですね。

各社が新車を宣伝していますが、効果が
あるのでしょうか。

政府も継続すればよいと思いますが、
何故おこなわないのでしょうか。

農家の個別補償などはおこないます。

景気対策というのは、口だけですね。

|

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »