« 8月の自動車生産 | トップページ | 朝青龍が断髪式 »

イトーヨーカ堂小売店を100店

大手スーパーのイトーヨーカ堂は1日、
売り場の広さが従来の10分の1以下の
小型店を都心部に出していくと発表しました。

衣料品や家具は置かず、食品中心の
品ぞろえにするようです。

ねらうのは「都心回帰」したお年寄りや
共働き世帯です。

1年以内に東京23区内で約10店を構え、
数年後には全国の大都市を中心に100店を
展開する計画です。

確かに、小さくても、食料品は必要です。
安くて新鮮なお店は、近くに欲しいですね。

遠くのスーパーまでは毎日いけませんからね。

これは、新しい取り組みで面白いと思います。

|

« 8月の自動車生産 | トップページ | 朝青龍が断髪式 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事