« 卒業から3年以内の卒業 | トップページ | 韓国とペルーがFTA »

六厘舎が閉店

東京・大崎の人気つけめん店「六厘舎」が
閉店しました。
 
長蛇の行列で近隣住民から苦情が起こり、
店じまいを決めました。
 
通常よりも100人前も多い約350人前を
用意したが、午前10時前に開店して
午後3時に完売しました。
 
やっぱり住宅街がダメだったのでしょうかね。
せっかく5年もやってきたのにね。
 
地元の人ももっと考えればよいと思いますが。
 
問題が大きいから、お店はもうこの地区には
来ないですね。
 
移転先は未定だが、第一候補をJR大崎駅前に
都内で検討中のようです。
 
また繁盛しますね。
 

|

« 卒業から3年以内の卒業 | トップページ | 韓国とペルーがFTA »

経済・政治・国際」カテゴリの記事