« ニューヨーク反発 | トップページ | 参議院の沖縄選挙区 »

株式

11日の東京株式市場は、前日比162円60銭高の
9705円25銭で終わりました。

前日のアメリカの米ダウ工業株30種平均が1万ドルを
回復したので、午前の取引で平均株価が一時、
前日終値比220円以上もあがりました。

でも、中国の中国の金融引き締め策に対する
懸念が強まり、下がったようです。

本当に、不安定ですね。

アメリカも、力強さがありません。

日本は、アメリカや中国に影響されます。

景気は、よくなっているのですが、
投資家の心理はあまりまだよくないですね。

金融の安定を望みます。




|

« ニューヨーク反発 | トップページ | 参議院の沖縄選挙区 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事