« ユーロ防衛基金 | トップページ | スズメが減っている? »

普天間問題は5月決着できない

政府は、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題
について、5月中の決着を事実上断念したそうです。

鳩山由紀夫首相があれだけ5月といっていたのにね。

米側、移設先の自治体、連立与党の了解を月内に
得るのは困難と判断したようです。

首相は5月中に政府としての移設案を決定し、
6月以降も米側や地元と協議を続けたい考えのようです。

でも、もうアメリカの予定がありますから、
最悪、普天間は、そのままになるかもしれませんね。

鳩山政権と民主党の責任です。

せっかく、10年かけて決めてきたのに
なくなりますね。

この責任は、鳩山政権と民主党はきちんと
取るべきですね。

|

« ユーロ防衛基金 | トップページ | スズメが減っている? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事