« 鳩山政権の評価 | トップページ | 参院選の第三極 »

普天間問題

普天間の移設問題です。

日本側は、日米が2006年に合意した
名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ沿岸部を
埋め立てる現行計画を修正し、杭打ち桟橋方式などで
滑走路を建設する案と、鹿児島県・徳之島に
ヘリコプター部隊を移転する案を正式に提示したそうです。

でも、杭打ち桟橋方式について、過去の日米協議で
テロの危険性が高いことを理由に却下した経緯などを
指摘したそうです。

徳之島案については、「沖縄の海兵隊陸上部隊との
距離が離れすぎていて、運用上受け入れられない」と明確に
反対したそうです。

これらの案は、以前検討された案だったのを民主党は
知らなかったのでしょうかね。

記録もあるでしょうし、実際に担当した人も
いると思います。
外務省や防衛省はきちんと民主党に説明
したのでしょうかね。

また、振り出しに戻りました。

何か、時間の無駄です。

袋小路に入ってしまいました。

|

« 鳩山政権の評価 | トップページ | 参院選の第三極 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事