« 自民党が反転攻勢? | トップページ | 内閣支持率がまた下がった? »

アメリカの就業者数が増加

米労働省が3月の雇用統計を発表しました。

非農業部門就業者数は季節調整済みで
前月比16万2000人増加したようです。

2007年3月以来、3年ぶりの大幅増です。

減少が続いていた雇用に歯止めがかかった
ようです。
失業率は、9.7%です。

これで、アメリカの経済もよくなるといいですね

日本も経済はよくなっていますが、雇用は
まだまだです。

早く回復して欲しいですが。

|

« 自民党が反転攻勢? | トップページ | 内閣支持率がまた下がった? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事