« 柔道界の復帰条件を緩和 | トップページ | 香港の大気汚染が最悪 »

グーグルが中国から撤退

アメリカの、インターネット検索最大手の米グーグルは
中国本土でのネット検索サービスから撤退するようです。

香港を拠点とする同社サイトで検閲抜きの
中国語版検索サービスを始めたと発表しました。

グーグルの理念と中国政府の方針が
合わなかったようです。

中国で、自由を認めると、中国政府は
崩壊するでしょうから認めないですね。

今は、インターネット人口も多く、
携帯電話の人口も世界一です。

これで、情報が開示されると中国政府は、
ひとたまりもありませんから。
天安門事件がありますからね。

今後の推移を見たいですね。

|

« 柔道界の復帰条件を緩和 | トップページ | 香港の大気汚染が最悪 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事