« 香港の大気汚染が最悪 | トップページ | アメリカの医療制度改革 »

名古屋市議会

名古屋市議会の2月定例会が荒れています。

昨年末成立した市民税減税条例を
「10年度限りの適用」とする修正案を可決しました。

河村たかし市長の公約や政策を否定する議決を繰り返して
閉会したようです。
議員定数の半減や給料の半減について反対しているようです。

議員の人は、本当に市民にとって何がよいこと
なのか考えているのでしょうかね。

給料は、2300万円だそうです。
議員も全国の中で多すぎます。

トヨタとか大手の自動車メーカーが税金を
落としていたので増えたのでしょうね。

やっぱり公務員は少なくすべきです。
利益を生んでいませんから。

河村市長を応援する市民は署名を
集めるようです。
解散すべきですね。

|

« 香港の大気汚染が最悪 | トップページ | アメリカの医療制度改革 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事