« 事業仕訳の成果は? | トップページ | 1Q84が韓国や台湾でもヒット »

普天間問題の行方

岡田外務大臣が、就任後初めて沖縄県を訪問しました。

仲井真知事や島袋市長は、早期の普天間返還実現には、
「名護移設もやむなし」としてきた経緯があります。

反対に、県議会メンバーからは、民主党の従来の主張だった
「県外移設」を実現するよう求められました。

鳩山首相は、全然態度を決めることができません。

岡田外務大臣は、今年中に結論をだすそうです。

アメリカもあるので、どうしようもないですね。

民主党は、前にも後にもいけなくなりました。

10年間の成果も水の泡です。

どうするのでしょうかね。
よくわかりませんが。
民主党の手腕が試されます。



|

« 事業仕訳の成果は? | トップページ | 1Q84が韓国や台湾でもヒット »

経済・政治・国際」カテゴリの記事