« 自動車大手の8月の生産実績 スズキがプラスに | トップページ | 国内の自動車生産が減少 »

セブンイレブン加盟店が提訴

消費期限の迫ったお弁当の見切り販売が公正取引委員会から
排除命令を受けました。

セブンイレブンの加盟店が値引きして売る「見切り販売」を
不当に禁止されたために不利益を受けたとして、FC加盟店の
経営者が29日、コンビニ最大手のセブン-イレブン・ジャパン(東京)に
約2億3千万円の損害賠償を求める訴えを東京高裁に起こしました。

やっぱり、捨てるのってもったいないですよね。
安くしても売った方がいいと思いますよ。

加盟店は、本部のいいなりですから大変です。
消費期限がきたものを捨てたコストも加盟店が
もつのです。
おかしいですよね。

加盟店に頑張って欲しいですね。

セブンイレブン本部は、売上や利益が大きいですが、
加盟店の努力が大きいと思いますよ。

|

« 自動車大手の8月の生産実績 スズキがプラスに | トップページ | 国内の自動車生産が減少 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事