« 日経平均 反落 | トップページ | 100歳以上が4万人? »

郵政の見直しは国民の意思?

総務省の鈴木康雄事務次官は10日の記者会見で、
次のことを話しています。

民主党などの3党連立政策で郵政事業の抜本的見直しが
示されたことに関し「現行体制ではよくないと
訴えた政党が国民の支持を得た。
その意思からしても見直しは避けられない」との
認識を示したそうです。

違うんですよ。

郵政じゃないんです。

自民党にノーを言ったのです。

そしたら民主党しかいないじゃないですか。

この官僚は、自分の主張を持っていないのですね。

自分の首が大事なのですね。
もっと日本のことを考えて欲しいですね。

総務省の次官としての自分の主張はないのでしょうか。

こんな、官僚は要りません。

自民党のときは自民党に媚びへつらって
民主党のときは民主党ですか。

ダメですね。

|

« 日経平均 反落 | トップページ | 100歳以上が4万人? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事