« テレビの崩壊? | トップページ | 夏物商戦の結果は? »

日本企業の格付け

日本の企業を格付けについてです。
あんまり気にする必要はないのですが。

トリプルAを取得している事業会社は、
1980年代の初頭に米国では60社あったのですが、
日本では日立と松下(パナソニック)の2社のみでした。

でも現在は、米国でトリプルAの事業会社は4社まで落ち込み、
うち製造業を営む会社は1社もないようです。

他方、日本ではトリプルAの事業会社(製造業)が9社まで拡大しました。

アメリカは、結局、お金を儲けるために、製造業を海外に移転したのです。
そのため、製造技術がなくなり、会社が弱体化したのですね。

イギリスが、完全にお金だけになっています。
金融だけで国がなりたっています。

だから、今回のサブプライムショックで壊れてしまいました。
昔は、産業革命を行った大英帝国です。
今は、製造業は、影も形もありません。

アメリカもその方向へ行っています。

日本は、まだ製造業が生きています。
昔から物を作る民族ですから。

これからのアメリカをよくみておく必要があると思いますよ。

|

« テレビの崩壊? | トップページ | 夏物商戦の結果は? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事