« 伊達がウィンブルドンへ | トップページ | 迂回献金問題 »

コンビニの値下げについて

セブンイレブンは、各店のコンビニに対して
売れ残り弁当など値下げして売ってはいけないと
言っています。

そして、売れないものは廃棄する必要があります。
この廃棄のコストはコンビニが、もちます。

これにたいして、公正取引委員会は、このセブンのやり方に
排除措置命令を出しました。

セブンのやり方はもうできません。

コンビニは、値段を下げて売ることができます。

環境を考えると、安く売った方が廃棄しないくてすみます。
消費者も安く買えます。
コンビニも少しでも売上が増えます。

セブンイレブンは、価格のコントロールができなく
なります。

でも、やっぱり、環境や消費者のことを考えるべきです。
コンビニからの廃棄がいかに多いか。


|

« 伊達がウィンブルドンへ | トップページ | 迂回献金問題 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事