« 陣内と藤原紀香の離婚について | トップページ | Windows XPを4月にサポート終了? »

社民党のミサイル迎撃批判

社民党の福島瑞穂党首が参院予算委員会で、
北朝鮮の弾道ミサイルが日本領内に
落下した場合、迎撃する日本政府の方針について、
「迎撃ミサイルが目標に当たったら残骸
(ざんがい)が落ちる。当たらなくともミサイルは
向こう(国外)へ行ってしまう。国内外の市民に
被害はないといえるのか」と激しい批判を展開した
そうです。

この党首は馬鹿ですね。
こんな政治家がいるので日本はだめになるのでしょうね。

社民党は、北朝鮮ミサイルに対してどうしたら
いいのでしょうか。
社民党は北朝鮮からたくさんお金をもらっていたので
行って説得すべきです。

もしくは案を出すべきです。

こんな、社民党はなくなった方がいいと思います。

ミサイルは打ち落とすしかないではないですか。

もし、何もしないと北朝鮮は、またミサイルを打って
きます。

絶対に打ち落とすべきです。

|

« 陣内と藤原紀香の離婚について | トップページ | Windows XPを4月にサポート終了? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事