« テレビの視聴率争いで1位は | トップページ | 「船場吉兆」の従業員 解雇 »

飲酒で肺がんの危険度あがる

タバコは、肺がんになるというのは、よく知られています。
タバコとお酒の両方はもっと、悪いですね。

厚生労働省研究班が、お酒とタバコの関係をしらべたようです。

4万6000人も調べたそうです。

お酒を飲む量が多いほど、肺がんの発症の確率が高くなります。
毎日、2合以上飲む人は、時々飲む人の、1.7倍だったそうです。

2合って、ビール2本くらいかな?

でも、肺がんになりそうな人は、お酒をへらす前にまずタバコをやめるべきですね。

|

« テレビの視聴率争いで1位は | トップページ | 「船場吉兆」の従業員 解雇 »

心と体」カテゴリの記事